年末について

2017年もあと2週間かそこらで終わろうとしている。あっという間だった気もするがなにやら妙に長かった気もする。しかしこのようなことはその年の良し悪しに限らず毎年思っているはずであるため、単に記憶力の低下から大半の起こったことを忘れている故にあっという間だった気がし、気が滅入るような忘れがたいことばかりを覚えているために長かった気がするという、ただそれだけのことなのだろう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


その年を思い出すためにもっとも有効なのは自分の恒常的な活動の記録を辿ることではないか。整理も兼ねて今年の演奏活動について振り返っていきたいと思う。


①2/19 自主企画 アマニタパンセリナ vol.1 アーブ

砂漠という凄く気に入ってる曲を初めてやった。高音がキツイけどキー変えると雰囲気変わるから困る。

❶3/2 old room バーアーブ

確かこのライブの前に髪切ったのかな。髪伸びたら帽子かぶれない。

②3/5 kao vol.1 アーブ

凄くたくさんの人の前で演奏させてもらった。またあんな光景を見たいね。

③3/18 バイタル&トイレ企画 ホープ

酒飲めない打ち上げでも安田さんがいれば楽しい。

④4/9 新歓フェスステージ 小白川キャンパス

砂漠の演奏中に沈んでく夕日が目に入ったのを覚えている。ぬたがノってくれてて嬉しかった。ゴリラみたいだった。

❷5/16 月間島貫仁一 バーアーブ

映画の話とか交えつつ40分ほど。こういうのまたやりたい。

⑤5/20 bloom シャングリラ

フロアライブの良さを再確認。

⑥7/6 四丁目のアンナツアー フラサン

アンナはベースが音もフレーズも効いてて良かった。ツアバンがカッコいいとブッキングライブも締まる。

❸7/13 いつもの夜 バーアーブ

ゲスト菅野さんの歌がとにかく素敵な夜だった。またいらっしゃる時も是非聞きに行きたい。

⑦8/11 オボンロック アーブ

久々のトッパー。しょっぴが来てくれたので入場SEは古い灯台で即決。

❹サウンドキャラバンin米沢 バーアーブ

トリをやらせてもらったり。冬編もよろしく。

⑧8/20 with hope ホープ

打ち上げで餃子したり。ホープは米沢にはいない同世代が多いので凄く楽しい。今年もまた。

⑨8/26 ジュークジョイント ヤスクニ

青いジントニックが美味だった。触ったことないアンプだったけど上手くやれたかな。

⑩9/2 ソウルインフェクション アーブ

久々にマーシャル使ったら……JCMよりJVMの方が素直に音作れていいな。

①①9/16 アイヘイトプール フラサン

sugarmanの音源必聴。良い空気感です。ブロークンシノノメが最高だった。

①②9/23 自主企画 vol.2 アーブ

6つ新曲を作った。どれも気に入っている。

①③9/30 バロウズ大宴会 音屋スタジオ

yodareをまた観たい。青木さんも元気そうでなにより。たくさん飲んだ。

①④10/9吾妻祭ステージ 米沢キャンパス

良く晴れた日。ビールをたくさん飲んで野外で演奏する以上のことはないね。

❺10/28 米沢対外敵 アーブ

ステージで弾き語るのもいいね。スタンディングスタイルのコツを少し掴む。

①⑤11/23 ルロウズツアー アーブ

ルロウズの緊張感とコミカルなフレーズのバランス感覚の良さと圧倒的な演奏力に引き込まれた。

①⑥11/25 古着と音楽 アーブ

あの緑の上着やっぱ買った方が良かったかな……。

①⑦12/10 トッパレ アーブ

ブロンコ先輩がリハの後も声かけてくれたりしたおかげで思い切ってやれた。前も思ったけど突き抜けたロックンロールは精神を浄化するよね。

①⑧12/16 イヤーエンドパーティー アーブ

そして今週末今年ラストギグがこれ。来てくれ。


バンド18本、弾き語り5本の計23本、月平均で約2本ライブをしていたことになる。ライブを点として各点を繋げてみることで少しだけ今年のことを思い出せたようなそうでないような……ともかく来年もよろしくお願いします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


年末は少しだけ浮き足立つ。米沢キャンパスの周りは住宅街なのでその風景からいかにもな雰囲気を感じることはないものの、道行く人たちが各々醸し出す期待感、疲労感、安堵、焦燥、あるいはそれらが綯い交ぜになったものたちがそれを感じさせるのだろう。年末は好きだ。好きなだけ酒が飲める。30日あたりから三日三晩酒を飲んだりしたい。雪よ溶けろとは言わないが苦労なく外に出られるだけの天気だとよろしい。年内に車の修理を済ませ帰省がてら東北を旅したいところでもあるが、ともかく嫌なことは全て飲んだり吐いたりしているうちに忘れてしまうことにしよう。まだまだ米沢の冬は長い。駆け抜けるには助走が必要ではないか。