東北一周ぶらり旅2018

について書こうと思いその半分ほどを何とか面白おかしくしたためたものの、あまりに長く、起伏のないものになりそうであったため、少しだけ撮った写真と共に振り返る程度に留めようと思います。


f:id:smokinLily:20180111003909j:plain

1月の2日変わる頃に出発 宮城に入ったあたりの夜空


f:id:smokinLily:20180111004039j:plain

朝が来てたどり着いた盛岡城跡公園で朝の散歩


f:id:smokinLily:20180111004154j:plain

駅前アーケードのなんか良いゲーセン


f:id:smokinLily:20180111004257j:plain

サービスエリアで食べた親子丼せんべい汁セット 御察しの通り器は浅い


f:id:smokinLily:20180111004441j:plain

家についてカイジをチンチロあたりまで読み返す コンビニ版の裏表紙の画像だけど一部読んでた頃はどんな話なん?!ってこれにワクワクドキドキしていたが……


f:id:smokinLily:20180111004645j:plain

むつ市で高校の同級生と飲み会 楽しかったので画像は一枚しかない


f:id:smokinLily:20180111004748j:plain

翌日生まれ故郷の大間町へ 遥かに見えるのは北海道


f:id:smokinLily:20180111004849j:plain

もう誰も住んでいない実家 素振りしてた(言うほどしてないが)裏庭は雑草が生い茂り小屋も扉が腐って開かない 家が建った時に植えた桜の木だけが取り残されている


f:id:smokinLily:20180111005108j:plain

次の日は帰り道 秋田市のら珈琲へ 素敵なお店でした 数本カセットを購入


f:id:smokinLily:20180111005222j:plain

海沿いを南へ下り鶴岡なんだ屋へ グッドコーナー発見


f:id:smokinLily:20180111005315j:plain

風林火山鶴岡本店にて夕飯 本流のインスパイアを食べたのは初めてだったのでコールに戸惑う Xが爆音で流れていた


f:id:smokinLily:20180111005452j:plain

1307.7キロでフィニッシュ ガソリンの量にして70リットル超


f:id:smokinLily:20180111005633j:plain

旅で手に入れたもの一覧 CDは高校生時代入り浸っていたむつ市ブックマーケットで購入 ゆらゆら帝国Ⅲを聞かずファンを騙っていたことを猛省


f:id:smokinLily:20180111005753j:plain

一番気に入っている太鼓 なんだ屋で購入 最近ドラムを始めた長谷川さんに靴をもらったお返しであげました


f:id:smokinLily:20180111005900j:plain

そのもらった靴 ずっと欲しかったスピングルムーブの深緑 長旅を支えた


かなりの時間を移動に使ったけれども、基本的に地方都市や田舎道が好きなので苦にはならなかった。事故もなく行きたいところも一通り行けたので満足。今度は南にでも旅に行きたいね。今年もまたよろしく。


f:id:smokinLily:20180111010143j:plain

岩手の工事現場にいたわんこそばたちと一緒にお別れしましょう では




千円で休日を謳歌する方法とは?!

少し前ブログを書くのに何か面白いネタでもないかとお題箱を設置したのだが、すっかり詰まっていたこの問いの答えをついに見つけたのでここに記したいと思う。

ちなみにお題箱のリンクはこちらになっている。

https://odaibako.net/u/smokinLily

是非下らないお題をどしどしと投稿していただきたいところです。

https://peing.net/smokinlily

更にこちらは今流行りの質問箱、音楽・映画・本、はたまた占いなど何でも投稿していただければ答えていきたいと思います。あまりこういうのを表でやるのは得意ではないけど、好きなので。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さて、本題に戻って千円で休日を謳歌する方法とは。まず車や原付、自転車など能動的に遠くへ出かける手段持っている方だが、これはいけない。遠くへ出かけることができるというのはつまりはうっかりと浪費してしまうような場所へ行くことができるということであって、まずはこれを封じなければならない。邪な考えが思いつく前に千円札一枚握りしめ、近くのコンビニに駆け込むのがよい。まずはお好みの発泡酒三百五十ミリを一本、百五十円。もちろんこれだけでは厚生省が定める一日に必要な水分量1.5リットルを満たすことができないので、次に買うのはもちろんこちら。


f:id:smokinLily:20171229045709j:plain


宝焼酎 純(二十度がおすすめ)である。七百二十ミリのもの、確か五百何十円か。更にこれを割る紙パックの緑茶1リットル、百円である。(なんとなくペットボトルではなく紙パックではいけない気がしてそうしているが何故だろう。)おおよそ二百三十円程余っていて丁度良いので残りはショートホープでも買っておけば問題ないだろう。

しかしこれらを舐めながらぼんやりして気付いたら夢の中というのでは"謳歌"という部分に反するので、あとはお好みで自宅にあるあのバンドの名盤や読みさしの本や何度でも観たい映画などを流し見聞きしておけばいいのではないだろうか。これらを用意できないというんであればそれはハナから千円で休日を謳歌する才能がないということに違いないのでどうか諦めていただきたい。

結局は普遍的に楽しんで一日過ごして千円ポッキリ、なんてことはまずあり得ないのだと割り切り、その道をまず断つことがコツである。興に乗じて酒ないしつまみを買い足し千円をオーバーすることも度々あるかもしれないが、そんな些細なことは次の日の昼過ぎに目を覚ました頃には覚えていないので心配はない。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


年内最後のバイトということもあり二日ぶりにシャワーを浴び、歯を磨き、部屋を出たらすっかりと外の世界は雪景色になっていた。仕方なしに長靴を履き、車のフロントガラスにバリバリと貼りついた氷を剥がしながら、やはり冬は苦手だ、と思った。ずっと欲しかったスニーカーでもってふらふらと、何の気なしに出歩きたい。春が待ち遠しい。


雑記12/20

年末が近づき、明日こそ明日こそと思いながら布団の前後左右はゴミの海のままで、気付くと今年もあと10日強になってしまった。ブログのアクセス数が4800を少し越えたところなので、あと2、3更新して年内に5000を目指したいところ。アクセス数が目的ではないけど、なんとなくの目安っていうか、ちょっと嬉しいので。キリ番踏んだ方はコメントよろしくお願いします(^-^)とは言わないけど来年も見に来てください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


新黒沢最強伝説

ようやく決闘が始まろうというところ。テンポは無印よりも悪くなったけれどやはり決闘に望むところの精神性というか、その辺りは変わらず良いなあと思う。恋ノ助のキャラが立っているから、双方に感情移入しちゃうな。


ブルージャイアン

バンド結成からどう転がっていくのかとても楽しみ。JASSの時の展開のコピペにならないといいな。ああいうのはやり切れなくなるので。


浦沢直樹の新連載

ちょっと1週見逃してしまったみたいで萎えてる。まだまだ全貌が掴めないけどどんな話になるんでしょ。


彼岸島

1週どころか一月見逃しても余裕。後から人が指摘してるのを見ると笑けたりするけど普通にバーッと読む分には違和感なくドキドキしたりするよね。しなかったりもするけど。


奥浩哉の新連載

設定がエロい。1話から落とし方が今後の良さを予期させる。エロい。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


カセットをいくつか購入した。ラジカセを用意できていなかったので明日の朝ハードオフに見に行くつもりだ。カセットを触ったのって小学生の放送委員で、昼飯の時の校内放送で流す昔話のカセット以来だけど、ケースの感じとか、手に収まるサイズとか、熱いライナーノーツとか、すごい良いメディアだなあと思いました。ラジカセは聞ければなんでもいいかなと思っている。ギターもそうだけど最近はノイズレスとか高音質とかあんまり興味なくて、本質はそこじゃないっていうか。ライブだってスピーカーの前で何がなんだかわかんなくてもいいなって思ったりするわけで、パリッとした電気的機械的に音が区画分けされて入ってるのじゃなくてバンドの空気感とかそういうのの方が大事だから。ローファイの良さはそこにあると思います。精神性からくる先入観もあるけどね。ちゃっちい、ダサい水色のラジカセで尾崎豊とかピストルズとかミスチルとかサザン聞いたり、踏んだら千切れそうなシールドと3000円の中華エフェクター繋いでギャーンって初めてギターを歪ませた時みたいなの、絶対忘れたくないな。あれが俺の水色革命だったのか。あ、上手いこと言えたからこれで記事1本にすれば良かった……。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


久々に電車に乗った。車に乗るようになってからはあまり無くなってしまったことを(それ以前は何気なくしていたことを)存分に楽しんだ。ぼんやりと車窓を眺めて、あんまり外が真っ白で眩しいと思ったこと。足元の暖房で指先を温めながら古本を読み耽り、少し眠くなったこと。夜、復路の電車で終点に近づくにつれ、ひとりまたひとりと降りていくのを見ながら寂しさや不安を感じたこと。

当たり前だったこと、忘れていること、改めてそれをした時、今まで自分はどんなことを考えていたのか。とりとめなくても構わない、ただなんとなくそれについて考えてみることは心地よいような、その上また新しい視点や言葉を見つけたり。新しいことをするのはもちろん大切だけれど、なんとなく昔の自分を考えることはある種新しいことでもあったり、するかもしれませんね。


https://youtu.be/wsiZcA39K9c

年末について

2017年もあと2週間かそこらで終わろうとしている。あっという間だった気もするがなにやら妙に長かった気もする。しかしこのようなことはその年の良し悪しに限らず毎年思っているはずであるため、単に記憶力の低下から大半の起こったことを忘れている故にあっという間だった気がし、気が滅入るような忘れがたいことばかりを覚えているために長かった気がするという、ただそれだけのことなのだろう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


その年を思い出すためにもっとも有効なのは自分の恒常的な活動の記録を辿ることではないか。整理も兼ねて今年の演奏活動について振り返っていきたいと思う。


①2/19 自主企画 アマニタパンセリナ vol.1 アーブ

砂漠という凄く気に入ってる曲を初めてやった。高音がキツイけどキー変えると雰囲気変わるから困る。

❶3/2 old room バーアーブ

確かこのライブの前に髪切ったのかな。髪伸びたら帽子かぶれない。

②3/5 kao vol.1 アーブ

凄くたくさんの人の前で演奏させてもらった。またあんな光景を見たいね。

③3/18 バイタル&トイレ企画 ホープ

酒飲めない打ち上げでも安田さんがいれば楽しい。

④4/9 新歓フェスステージ 小白川キャンパス

砂漠の演奏中に沈んでく夕日が目に入ったのを覚えている。ぬたがノってくれてて嬉しかった。ゴリラみたいだった。

❷5/16 月間島貫仁一 バーアーブ

映画の話とか交えつつ40分ほど。こういうのまたやりたい。

⑤5/20 bloom シャングリラ

フロアライブの良さを再確認。

⑥7/6 四丁目のアンナツアー フラサン

アンナはベースが音もフレーズも効いてて良かった。ツアバンがカッコいいとブッキングライブも締まる。

❸7/13 いつもの夜 バーアーブ

ゲスト菅野さんの歌がとにかく素敵な夜だった。またいらっしゃる時も是非聞きに行きたい。

⑦8/11 オボンロック アーブ

久々のトッパー。しょっぴが来てくれたので入場SEは古い灯台で即決。

❹サウンドキャラバンin米沢 バーアーブ

トリをやらせてもらったり。冬編もよろしく。

⑧8/20 with hope ホープ

打ち上げで餃子したり。ホープは米沢にはいない同世代が多いので凄く楽しい。今年もまた。

⑨8/26 ジュークジョイント ヤスクニ

青いジントニックが美味だった。触ったことないアンプだったけど上手くやれたかな。

⑩9/2 ソウルインフェクション アーブ

久々にマーシャル使ったら……JCMよりJVMの方が素直に音作れていいな。

①①9/16 アイヘイトプール フラサン

sugarmanの音源必聴。良い空気感です。ブロークンシノノメが最高だった。

①②9/23 自主企画 vol.2 アーブ

6つ新曲を作った。どれも気に入っている。

①③9/30 バロウズ大宴会 音屋スタジオ

yodareをまた観たい。青木さんも元気そうでなにより。たくさん飲んだ。

①④10/9吾妻祭ステージ 米沢キャンパス

良く晴れた日。ビールをたくさん飲んで野外で演奏する以上のことはないね。

❺10/28 米沢対外敵 アーブ

ステージで弾き語るのもいいね。スタンディングスタイルのコツを少し掴む。

①⑤11/23 ルロウズツアー アーブ

ルロウズの緊張感とコミカルなフレーズのバランス感覚の良さと圧倒的な演奏力に引き込まれた。

①⑥11/25 古着と音楽 アーブ

あの緑の上着やっぱ買った方が良かったかな……。

①⑦12/10 トッパレ アーブ

ブロンコ先輩がリハの後も声かけてくれたりしたおかげで思い切ってやれた。前も思ったけど突き抜けたロックンロールは精神を浄化するよね。

①⑧12/16 イヤーエンドパーティー アーブ

そして今週末今年ラストギグがこれ。来てくれ。


バンド18本、弾き語り5本の計23本、月平均で約2本ライブをしていたことになる。ライブを点として各点を繋げてみることで少しだけ今年のことを思い出せたようなそうでないような……ともかく来年もよろしくお願いします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


年末は少しだけ浮き足立つ。米沢キャンパスの周りは住宅街なのでその風景からいかにもな雰囲気を感じることはないものの、道行く人たちが各々醸し出す期待感、疲労感、安堵、焦燥、あるいはそれらが綯い交ぜになったものたちがそれを感じさせるのだろう。年末は好きだ。好きなだけ酒が飲める。30日あたりから三日三晩酒を飲んだりしたい。雪よ溶けろとは言わないが苦労なく外に出られるだけの天気だとよろしい。年内に車の修理を済ませ帰省がてら東北を旅したいところでもあるが、ともかく嫌なことは全て飲んだり吐いたりしているうちに忘れてしまうことにしよう。まだまだ米沢の冬は長い。駆け抜けるには助走が必要ではないか。


俺のツイッター

企業の公式アカウントで「中の人は〜」とか言っている人は家族を人質に取られ、それを強いられている


イースタンユースのドアを開ける俺って曲が好きで1人で何かする時に○○を○○る俺は〜って序盤のフレーズを替え歌で口ずさんだりしていたけど最近歌詞カード見たら該当部分はドアを開ける俺だ〜だった。かっこいい 


ダンボール いる時といらない時の差が顕著


1人で歩いてて転んだ時に言い訳みたいにニヤニヤしながら立ち上がる自分も好きになれたらな


知らない人と喋る時にこの4年で得た山形のイントネーションで喋ってほくそ笑んでたりするくらい山形の方言好きだけど「おしょうし!」って言われると"な"まで言えよって思う


古本はどうせ古本だから表紙カバーの折り返しを栞にした方が楽だしなんならその方がちょっとこなれ感がある気がするけどそのことに気付かれたくはないね


自由律俳句を最初にした人、多分普通の俳句でも名が通ってる人だろうな


あらゆる前後関係を排して一発ギャグだけを2時間くらい見続けたいという欲を解消する方法ないっぽい


白いTシャツは丸一日着たあとそのまま寝てはいけない


雪見だいふくの1個ちょうだいは2分の1だぞ!というやつは沖縄ではまだウケます


4年身長を測ってないまま4年前よりおそらく数ミリくらいは伸びたものとして170って言ってるけど自分を170とすると具合が合わない出来事が2、3あったから期待値は173くらいに達している


アイス食うと喉渇くって言うやつなんなん?  


おじさんは大体レシートいらないだろと思って言われるまでまあ渡さないけど一回帰りかけてから「あっごめんレシート貰えるか!うちの大蔵省がヨォ!」って言ってきたおじさんすごい良かった


メンヘラは目の下を赤く塗れ、毛先を奇妙な色に染めろ


今住んでるとこをディスるやつはぼくは自分から楽しいこと凄いことを探せないんですって自己紹介してるだけの雑魚


ネトフリとフールとアマゾンプライムとどれがいいのかな〜って悩み続けながらツタヤでDVDを借り続けているな


長時間運転する前にブックオフ寄ってなんか知らんアルバム買ったろって思ったら開店2分前くらいについて、そしたら店の前に5、6人並んでる人いたけど一体なんだったんだ


クソみたいなラインナップの自販機の中でただひとつ輝きを放つさらっとしぼったオレンジ  


マックでハンバーガー食うのは平気だけどコンビニのハンバーガーはなんか高いなって思って買わないしほっともっとの弁当買うのにコンビニの弁当は高い気がして買わないの、何故なんだろう


今のSNSはあまりに広大だし周りの人は大概みんなやっているものになってるけど、ゲームとかにくっ付いたしょぼいチャット機能で限られたそれをしてる友達とやりとりしてるのなんか良かった


ティッシュを買い忘れてより割高なトイレットペーパーを代わりに使ったりハンドソープを買い忘れてより割高なボディーソープを使ったりしていると精神がすり減る


意味のないものを暗記するのが昔から好きだったせいでここ最近脳のリソースが足りなくなってきたな


やたらめったらウィキペディアで雑学を蓄えてきたやつにしかない自尊心、卑屈さ、パッション


ゴミ袋(10枚入り)、買ってきたと同時に半分くらいなくなる


昔(洗濯物を溜め込んでもアパートの共有洗濯機を3、4台同時に使えば洗いきれていた頃)は良かった


"常夏(とこなつ)"という言葉の構造に気づいた時、嬉しかった


映画見終わったあとレビューとか考察のサイト読むのできれば一日二日開けた方がいいな


町に一個しかない個人経営の本屋の奥に置いてあったCD買える自販機のことを時々思い出す  


美味しいけど飲むと喉が渇く飲み物、美味しいけど飲むと喉が渇く


うどんで作ったペペロンチーノのことなるべく思い出したくない


子供の頃読み方がわからない熟語があっても適当に意味だけ取りながら本読んでたせいでフワッとしか読み方わからないやつを会話で使う時に、間違えていてもバレないようにフワッと発音したのに割と全然間違っててそれを指摘されて自分を呪ったりする


人を穴わば呪ふたつ


怖い名前の病気 マイコプラズマ肺炎


大正スケコマシー


小学校中学校とやたら歩いて学校に行くことに拘っていて結局学校まで車で送ってもらったことは両手で数えるくらいしかないんだけど、台風とかの時に乗せてくか?って聞かれてるのに半ギレしながら歩いてく💢って言って歩いて行ってたのほんとになんだったんだろうな


何となくやってる謎の遊びのルールを整備したら全然楽しくなくなったりするのは何故


トリビアの種のスキーのジャンプ台で色んなタイヤを転がすやつで、最後にダンプのタイヤ転がしたやつの夢だけ毎晩見たいな


腹減ってコンビニ行ったけど何を手に取ろうとしてもなんか違う感がある時の正解はお茶とカロリーメイト


秋が好きだからできれば秋物の服しか買いたくないんだよな


トム陽区

トム用句


OKコンピューターおばあちゃん「paranoid androidや……」


弱い者(オタク構文以外でも喋れるオタク)たちが夕暮れ さらに弱い者(オタク構文でしか喋れないオタク)を叩く

作り話がしたい

高校1年の時図書委員だった。(正確に言うと1年の1学期?)オタク特有の図書委員へのナントナ〜イ憧れとその他諸々とその他諸々といった理由から必ず何かしら1つ選ばなくてはならない委員会の中からそれを選んだわけだけれども、実際に待ち受けていたのは好きな本を読みながらふわっと流れていく優雅な時間やらその他諸々やらその他諸々などではなく、新しく入ってきたどうでもいい本に日焼け防止の透明なカバーを貼るという永遠に続く単純作業のみであった。一緒の時間に入ることの多かった先輩がいけ好かない奴だったということもあるが、夏が近づく頃にそっとドロップアウトして、2年以降はなんの委員会に入ったのか、よく覚えていない。

そのいけ好かん先輩が好きだったということもあり、無意識か否か椎名誠を敬遠してきていたのだけど、ついについに初めて買った「水域」という小説を読みだしたところ、これが面白くてページをめくる手が止まらない。人の性だけれども嫌いな奴が好きなものが嫌いと勝手に決めつけるのはもったいないことであると改めて気付いた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


年中誰かを腐してはそれを酒の肴にしている方の人間だけども、繰り返しばっかりの日常にまいっていると、何も酒を飲んでいる時まで面倒ごとばかり並び立てて話すことはないだろう、と思うことがある。かと言ってなにか好きなものについて熱を上げて語るほどの気力もない。そんな時に僕は「作り話がしたい」、と思う。しかし作り話と言っても何のとっかかりもないと面白みがない。

例えば、話し手以外の誰かが話の入り口と出口に2つの単語を決めてやる。例えば入り口が夏休みで、出口がおばあちゃんなら、夏休みについての話に始まりおばあちゃんで落とす、といった具合だ。怖い話に不思議な話、笑える話でも泣ける話でもいいし、他の制約に付け替えてもいい。(指定した5つの単語を必ず使う、といったように。)ただし酔いの浅い状態でするとあまりのとりとめのなさに酔いが回る前に誰かしらが寝てしまうということも考えられるので、なるべくべろべろになってからやるのが良いと思われる。所詮作り話じゃないかと水を差す人間がいない時でなければないという前提はあるが。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


こんなことがしたいと思うのにも理由がある。人間の脳は使わない期間が長くなるほどに筋肉と同じく退化していく、というのを近頃ひしひしと感じている。高校生の時ならこんなもの易々と理解できたのに、だとか。あまりに喋らずに過ごすせいで上手く言葉を組み立てられず会話がままならない時もある。このブログを書く目的も、そういった退化を防ぐために何のことであっても長々と書き殴ることで脳の筋肉を少しでも使いたい、という側面がある。その上衰えるのは頭だけではないから困る。文字を書くことが減ったせいで文字の途中でペンを上げるのすら億劫になってしまい、大概の文字を一画ないし二画に収めてしまう。少し股を開いたり腕を上げるとあちこちがすぐにつる。これはブログだけでなく運動もするべきではないのか、気付くのが遅すぎたばっかりに腰を上げるのも途轍もなく億劫だ。

お題②③今更だがシンゴジラ最高〜〜

ファミラジで流れてるアイドルっぽい曲で「悪い薬を〜」って聞こえる部分があるんだけど浅井健一以外でそんなワード使うことあります??サンプルの煙草をバッコリパクりながらブログ書いていこうと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お題箱消化していきます

https://odaibako.net/u/smokinLily

②好きなケーキは?

これを聞いた人の意図を知りたいところですが人の好きなケーキってそんな興味あるか???生クリーム大好きなのでショートケーキも好きですがスポンジがいい感じのモンブランなども好きです。あとタルト系。

店で言うと最近マルホンとか小学校とかあの辺にあるレパコガーデン?ってとこのクソデカショートケーキを食べたんですがバリ美味でした。ちょっとお値段ははるけどデカいので気にならんと思います。


③好きな邦画など

基本的に昔の邦画とかはあんま観たことないんですが新作を映画館に観に行ったりはします。最近(つっても去年?)観た中でナンバーワンは無論シンゴジラです。これはもう"日本の"歴史に残る作品だと、観終わった瞬間確信いたしました。庵野監督のアニメ的演出については詳しくないので割愛させていただきます。

パシフィック・リムという映画があります。日本の特撮、ロボットものに敬意を払った作品として知られております。この映画、非常に好きな作品なのですが、演出、設定、ロケーション等に日本的な要素がたくさん散りばめられているのに対して、問題の解決手段が非常にアメリカンであると感じました。ネタバレにならない程度に言うと、位の高い人間個人が責任を取り、全てを終わらせるといった感じです。この問題の解決手段という点において、シンゴジラは非常に日本的であるというか、日本人から深く共感を得られるようにできていると感じます。

シンゴジラは一個人の活躍で事態を収束させる物語ではありません。たくさんの人々が知恵を絞り力を合わせ、なんとかゴジラを機能停止まで追い込みます。(決してゴジラを倒して大きな爆発、主人公とヒロインが抱き合いハッピーエンド、などということはない。)無論脅威が完全に去った訳ではないのでめでたしめでたしで終わる訳でなく、「大変なのはこれから、都市が復興して人々が普通に元の場所で暮らせるようになって、ようやく全てが終わる」という旨のセリフで、物語は幕を閉じます。問題解決のフローから結論付けまで非常に日本的であると言えるのではないでしょうか。勿論ゴジラ倒したー!やったー!という終わり方はスカっとするかもしれないけど、さあこれからだ、ってとこがね…………いいんですよね…………(語彙力不足)

結論とかの部分に関してフォーカスを絞って魅力を語ったけども、未確認生物が現れてからの政府の対応(報道規制やらなんやら)あたりも、本当に起こったらこんな感じなんだろうなって楽しみ方もできるし、他にもいっぱいここスゲー!ってとこあった気がするけどなにせ観たのが前すぎて忘れてることもあるので今一度見返したいですね。俺が語りたいことを汲んで上手く考察してくれる人がいたら是非して下さい。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今お題箱に着てるギター遍歴と休日1000円のやつは画像も交えて書きたいのでひとまず後回しにします。それにしても休日を1000円で楽しむ方法は?ってお題センスありすぎるな……これ書いた人のブログ読みて〜〜〜