昨日のMCで言いたかったこと

アドレナリンで言語野が焼き切れてしまったので今日は口語で書こうと思います。熱狂のライブと破茶滅茶な飲み会を終えて、気付くと夜の文翔館から朝の吉田家までワープしていたその身体のまま、バイトに勤しんでおります。疲れている時はやはり中々眠れないくて、仮眠を取らずに来たので色々とやばいです。

もう一回やりたいなあと何となく思いつつも場所の問題が解決しておらず先延ばしになっていた求音ライブでしたが、山口さんの後押しと手厚いサポートでなんとかかんとか開催にこぎつけることができました。気分屋集団シーダランドや駄目元で声をかけたOBバルブ&バイタルも快く出演を引き受けてくれて、本当だったらもっと新しいバンドにも出て欲しかったけど、ヤマザキが頑張ってくれたので。良かったと思います。時間がカツカツだからどうなるかなと思っていたけどオープンと同時に店の前で待ってくれていたと思われるお客さんたちが30人くらい一気に来てくれて、オープン前は準備不足だったところもありバタバタしてて結構不安だったけど、ホッとしました。

演奏は言わずもがなって感じだけども、2年前にやってた時と変わらず野次が飛び交って熱が上がって、そういう良い流れの中でやれたので自然に気合が入ったというか。それで気分が高まってああいう何を言っているかよく分からんと思われるMCになってしまいました。余談ですが(余談なのか?)曲は空中歩行、白昼夢、スローモーションで、ゆらぐ、パーティーは続く、それからアンコールで砂漠という曲をやらせてもらいました。

で、本題なんですがMCについて。意図の伝わる部分は省くにしても、それ以外の部分でなんでもいいとか、どこでもいいとかそういう言葉を多用していたと思うんだけど、色んな人に会えたこと(来てくれたこと)やどのバンドもすげー良かったこと、2年前には到底追いつけないと思っていた人たちより後に演奏できること、していいこと。そういう諸々が嬉しくてしょうがなくて、とにかく全てを肯定したいという気持ちがあり、そういう言葉がたくさん出てきたと思います。バンドでもそれ以外でも何かに夢中になること、その話をまたどっか別の街で会った時にすること、人間やら音楽やら好き嫌い全部それぞれ思ったままでいいじゃんとか、しがらみとかは全部関係なくて見て聞いて思ったことを大事にしなきゃいけないって最近はずっと思っていて、その方が、それがいいよねっていうことを言いたかった。

普段は聞いたまま感じとったままそれぞれの受け取り方でご自由にって大体に関して思っているのでこういう説明みたいなものはあまりしないけど、今日みたいな日はみんなそう思っていてほしいから、少し説明しました。やっぱり求音は全部始まって色んなことを思った場所なので、割と感情的になってしまいました。たまにはいいと思うけど、どうですかね。まいちさんも似たようなこと言ってたけど、形は無くなっても概念っていうか気概?そういうものだけでも残ってくれたらもっともっと嬉しいです。本当にありがとうございました。もう3本も同じ気持ちかそれより更新してやるんで、見に来てね。

大体こんな気持ちです

雑記2/13

本日、第3回目の自主企画ライブの告知を解禁した。様々の詳細を確定することができ、後回しにするといつまでたっても完成しないと思われたので、酒の残った頭をフル回転、寝ぼけまなこをこすり、3時間ウンウンと唸りながらフライヤーをでっち上げた。このような作業は大抵細川くんに頼んでいるのだが、穀潰しの私と違い卒業を控えるリズム隊両メンバーは、目下卒論・修論あるいはその準備に追われている最中であり、初めてデザインというものに取り組んだ(あるいは取り組まざるを得なかった)次第だ。フォントだの配置だのと考えることが多く、普段何気なく目にするイカしたフライヤーは卓越した技術・センスにより産み出されているものだということに気づいた。それでもまあなんとか新人努力賞くらいは上げてもよいできばえになったんじゃあないだろうか。ともかくライブ自体は間違いないので、是非とも予定を空けて集まっていただきたい。

f:id:smokinLily:20180213022205j:image

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ここ最近の記事を見返すとどうも精神性に依ったものばかりで、 家にいてぼんやりしているばかりであることが伺える。二月の後半と三月は年明けからここまでよりは外出の機会も増えると思われるので、もう少し中身のある記事が書けたらと思う。そういった話は無論嫌いではないけれども、そればかりでは味気ない。映画なども最近はあまり観れていないし、NetflixAmazonプライムどちらから無料体験するかずっと決められずにいる。しかしデビルマンとドキュメンタルであれば前者の方が創作意欲を刺激するという観点において分がよいと思われるのでやはりNetflixか……ひとまず明日までに決めることにしよう。

焦燥感からの逃走

三月がぐいぐいと息もつかせぬ速さで迫ってくるのにも関わらず、毎晩のように気温は氷点下二桁度を記録し、今日もまた止むを得ず一日のほとんどを炬燵の中で過ごしている次第だ。部屋の壁の一面がサッシの上に、ボロボロで隙間風を通し放題のこのアパートは、厳しい冬を越すはあまりにも大きなハンディキャップだ。

生来予定を管理する能力に欠けている人間であるため、この時期になると何をしていても焦燥感を覚えてしまう。何かしらのお誘いを頂いたり、約束をしようという度に頭の中のカレンダーをひと回りもうひと回りと精査してみるのだが、何度繰り返そうとも「まだきっと私は何かを忘れているに違いない…………」という不安を拭い去ることができない。それならばあんたこんな落書きしとらんと予定を書き出してしっかり管理なさいとお思いになるだろうけれども、勿論はなからそれをする気がない訳ではないんである。予定が入る度に、ああこの壁に真っ白な紙を貼って予定を端から書き込んだらどんなに楽だろう、とそう思っている。思ってはいるのだが、書き出す際に何か重要なことを忘れて酷い失態をやらかすんじゃないかとか、予定がみっちりと埋まったカレンダーを見て、あまりの時間のなさに卒倒してしまうんではないかとか、ともかく書き出すことすら不安でしょうがない。はっきりと把握はしていないけれども、きっと私には時間がない。それを知ることが怖くて怖くてどうもこうもない。そもそもはこんな忙しい時分に、こんな外に出るのも憚られる季節であるのがいけないのだ。あらゆる面倒ごとは夏に済ませるべきだ、と冬の私は思う。

例えばどうしようもなく金がない時に、ああ金がないなあどうしようかなあ、なんて考えるのは愚の骨頂であることを、年がら年中空っけつの私はようく知っている。ないものはないんだから居直るほかに方法などない。まあいつも何でも手の届くところにあるのが当たり前なんていう考えは飽食の時代の生まれの悪い癖だ、たまには自分を律し、本でも読んで黙々と耐え忍ぶのもよいことじゃないか、などと現状を正当化するのがコツだ。ないない尽くしで頭がいっぱいで気が滅入るよりもよほど健康的である。しかし今度ばかりはまあないもんはしょうがない、と居直りぼんやり過ごしていては正気を取り戻した時に手遅れになりそうである。この部屋には真っ白い紙すらもないので、ひとまずは方眼用紙でも買いに行く予定を…………予定はいつが空いているんだったか。

穴の空いた長靴と

どうも女の人とは30才を越えたあたりから冬にはブーツではなく、花やらなんやらの柄が入った細長く、小洒落た長靴を履く傾向があるように思う。だからどうしたというわけではないが。

冬は夏にサンダルを履くかのごとく、長靴を履く。口が大きいのでヨイショと足を上げ下げするだけで履くことができるし、部屋着のままに外へ出るときもズボンの裾が濡れたり汚れたりしなくてよい。そんなに寒くないのであれば、靴下を履く手間も省略することができる優れものだ。こんなに便利なものがワークマンまで足を延ばすと1500円弱で買えるのだから便利なものだ。しかしある時、その難攻不落さに全幅の信頼を置く長靴をはき、ばしゃばしゃと水溜りの上を歩いていると、足の裏に冷たい感覚がある。ゴム底と皮の間に隙間でもできたかと思い、家に帰ってから確認してみるものの、想像していたような穴は見つからない。皮の部分が弱ってしまい、水が染み込んでいるのだろうか。長靴とは本来は雨の時に履くものであって、水が染み込むような代物であればそれは長靴とは呼べないのではなかろうか。これを履くのにどんな意味があるだろうか。そんなことを思いつつも、買ったばかりのスニーカーを汚すのは忍びないので、その長靴とは呼べなくなったと思われるものを履き、水溜りを避けつつ学校へ向かったある朝だった。椅子に腰掛けて、なんとなく足元を見つめたところ、穴はあった。長靴の胴の部分の皮を縫い合わせている、ちょうどかかとの少し上の部分がパカパカと、それも両の足のそこが口を開いていた。長靴のサイズを選ぶときに、足のサイズのことを考えず、高さがある方が雪の降り積もるときには役に立つ、或いは同じ値段ならば大きい方が良いといった考え(大盛りが無料ならば大盛りの方が良いというような貧乏学生の性)が仇となった形だ。無駄に太い胴回りのためにそこに負担がかかり、穴が空いてしまったのだろう。大は小を兼ねず、何事もちょうど良いのがいい。幾年前か何事も腹八分に収めなければと心に決めたもののすっかりと忘れていたことを思い出す。今年こそは腹八分目を抱負に過ごしたい。

雑記 01/19

年が明けて平常の日々が始まってからというものの、なんにも無い生活ばかりが続いている。飯を食い、糞をひり散らかしてばっかりの癖にやたらと眠る。本読むでもなければ詩作に取り組むでもない、生産性のない日々だ。思えば自分の詩を読み返すと「何にもない」といった言葉はどの時期のものを見てもぱらぱらと登場するように思うので、これがニュートラルな状態であるのかもしれないが、何にしろひたすらにそんな体たらくであると、さすがに気が滅入る。この雑記にしても「何もしていない」というわずか7文字で済む現状のことをのんべんだらりと書き伸ばし、何かをしているような気分に浸っているだけなのかもしれない。しかしこの「何かしているような気分」というのは何をするにも億劫ないわゆるフツウの若者にとっては非常に重要であって、気を紛らわす手段を持っているか持っていないかでは随分と精神衛生上の違いがあるように思う。趣味を持っているか持っていないかでその人生の充実度が云々といった言説はよくよくあるが、結局は日々に忙殺されていると趣味に没頭するといった時間もなくなってしまうわけで、それを拠り所にしているのであれば尚のこと、なんだかワタシには何にもないなあというよろしくない気分になってしまうわけだ。どんなに好きなことであってもそれをする気力もない、という状態になってしまうことはままあって、そんな時に再び日々を凌ぐための体勢を整えられるような術を知っているか否か、ということは非常に重要なことなのかもしれない。といったように何のことはない単なる個人の気分転換を、まるで現代の若者に警鐘を鳴らすかのような言説にすり替えて分かったような気分になるというのも、一つの手かもしれない。

【ポケモン】雨パ絶対処すラプラス作ってから一回も雨パに当たってない

激しいサイクル戦の末に最後の択に勝ってヨッシャと思ったら急所で落とされて負けて萎えたので気分転換にたまにはばっこりポケモンの話します。

 

f:id:smokinLily:20180112234425j:plain

誰も悪くない 悪いのはいつもメタグロス

 

今シーズンはウルトラ最初やしいつもより頑張ろうと思いつつもマックスが1750くらいで16〜17のラインをひたすら反復横跳びしてる感じです。最初に顎ランドカグヤで17まで行って、ずっと顎軸で積み構築飽きたので両メガラティクチに切り替えたけど、キープはできてもそっから全然上がらない…………ちなみにここまで名前上がってるランド、カグヤ、ラティは今まで使いたい性格のやつ持ってなくて使いたくても使えなかったやつらなのでウルトラになって、準伝祭りあってよかったなあと思うところです。特に自慢の特殊チョッキカグヤはランドミミテテフあたりを後出しからほぼ56せる(最近凍結だなんやかんやでこういう古き良きインターネット表記復活してていいよね……)のですごく使いやすかったですね。ただテテフとかフェアリーは基本D>BだからC特化ラスカより下降補正無振りヘビボンの方が使いやすいのはちょっと笑いました。こいつ重すぎやろ。

今は両メガラティクチに図太いHBCダウソポリ2突っ込んで使ってるけど今までHB極振りでしか使ったことないからまだ慣れが必要かなという感じ。ただ輝石というアイテムの強さとダウンロード対策簡単なポケでC上がった時にダウンロード対策をご存知でない?!と煽れるのが楽しいということはわかった。今まではトリル運用クチートの時の始動要員はABミミッキュ(道連れトリルで優先度のアレで1匹まあもっていける自慢の構成のやつ)が最強かなーと思ってたけどポリ2は選出縛れるし雑に受け出せるしトラアタイカサマで雑に削れるし、なかなか好みですな。理想めざ炎厳選半日以上かかったのに一回もナットハッサム見てないけど……もしかしてめざ炎今の環境いらんのかね。それから今入れてて気に入ってるのはラプラス。型は以下に

 

f:id:smokinLily:20180113000634g:plain

ラプラス@突撃チョッキ

H252 B60 C196 控えめ

フリーズドライ/氷の礫/ハイドロポンプ/絶対零度

 

一時雨パがクソ多い上に対策不十分で負けまくってた時に育成した雨パ絶対処すマン(♀)。HBをメガラグの特化ばかりき耐えまで振って余りはC(フリドラでD4メガラグ最低乱数以外一発、ペリはH252でも確定)という雑な振り方だけどまあまあ強い。特殊方面はチョッキだけであらかたの攻撃をまあ一発耐える。すげー運良かっただけみたいだけど悪巧み積んだ顎の竜Z耐えた時はさすがにビビった。本当はもう少しD方面に割いた方が強いんだろうけど氷技打ちたい物理に対して仕事するならHB方面もギリギリという……やっぱり初代のポケモン好きだけど種族値平坦で微妙に数値足りないなあと感じる。氷とかいうお荷物タイプ背負いながら受けポケやるのはやはり厳しいのかなー。自分でルアボに入れて気に入ってるからもう少し改良して使ってあげたい。レートで戦える力は全然あるなあと思います。一度くらい雨パと戦わせてあげたいなあ。

コケコ見た目も性能もあんまり好きじゃないけど催眠切るためだけに入れなきゃいけなくて、本当はレヒレの方が好きなんだけどラプラスも使いたいからうーん……みたいなの。好きな水タイプ多すぎ問題。コケコは全然良さわからん。電気技ぶっ放したくても地面処理するまでは後出し余裕だしチョッキランドにはめざ氷入らんしマジシャは負荷かけられんし……今作のコケコまだ捕まえてないけどいよいよ陽気で捕獲するか迷い中。同じ催眠切り枠なら意表つける物理のがまだあるかなあ、そうなるといよいよランドに為すすべないしな……ランドロスはやはり神ポケ(今シーズン一度もパーティーから抜いてない)

 

追記 H252チョッキラプラスは臆病コケコの眼鏡エレフィ10万確定耐えするみたいで爆笑したしそれで勝った ラプラス最強!

 

 

 

東北一周ぶらり旅2018

について書こうと思いその半分ほどを何とか面白おかしくしたためたものの、あまりに長く、起伏のないものになりそうであったため、少しだけ撮った写真と共に振り返る程度に留めようと思います。


f:id:smokinLily:20180111003909j:plain

1月の2日変わる頃に出発 宮城に入ったあたりの夜空


f:id:smokinLily:20180111004039j:plain

朝が来てたどり着いた盛岡城跡公園で朝の散歩


f:id:smokinLily:20180111004154j:plain

駅前アーケードのなんか良いゲーセン


f:id:smokinLily:20180111004257j:plain

サービスエリアで食べた親子丼せんべい汁セット 御察しの通り器は浅い


f:id:smokinLily:20180111004441j:plain

家についてカイジをチンチロあたりまで読み返す コンビニ版の裏表紙の画像だけど一部読んでた頃はどんな話なん?!ってこれにワクワクドキドキしていたが……


f:id:smokinLily:20180111004645j:plain

むつ市で高校の同級生と飲み会 楽しかったので画像は一枚しかない


f:id:smokinLily:20180111004748j:plain

翌日生まれ故郷の大間町へ 遥かに見えるのは北海道


f:id:smokinLily:20180111004849j:plain

もう誰も住んでいない実家 素振りしてた(言うほどしてないが)裏庭は雑草が生い茂り小屋も扉が腐って開かない 家が建った時に植えた桜の木だけが取り残されている


f:id:smokinLily:20180111005108j:plain

次の日は帰り道 秋田市のら珈琲へ 素敵なお店でした 数本カセットを購入


f:id:smokinLily:20180111005222j:plain

海沿いを南へ下り鶴岡なんだ屋へ グッドコーナー発見


f:id:smokinLily:20180111005315j:plain

風林火山鶴岡本店にて夕飯 本流のインスパイアを食べたのは初めてだったのでコールに戸惑う Xが爆音で流れていた


f:id:smokinLily:20180111005452j:plain

1307.7キロでフィニッシュ ガソリンの量にして70リットル超


f:id:smokinLily:20180111005633j:plain

旅で手に入れたもの一覧 CDは高校生時代入り浸っていたむつ市ブックマーケットで購入 ゆらゆら帝国Ⅲを聞かずファンを騙っていたことを猛省


f:id:smokinLily:20180111005753j:plain

一番気に入っている太鼓 なんだ屋で購入 最近ドラムを始めた長谷川さんに靴をもらったお返しであげました


f:id:smokinLily:20180111005900j:plain

そのもらった靴 ずっと欲しかったスピングルムーブの深緑 長旅を支えた


かなりの時間を移動に使ったけれども、基本的に地方都市や田舎道が好きなので苦にはならなかった。事故もなく行きたいところも一通り行けたので満足。今度は南にでも旅に行きたいね。今年もまたよろしく。


f:id:smokinLily:20180111010143j:plain

岩手の工事現場にいたわんこそばたちと一緒にお別れしましょう では